HOME>イチオシ情報>広い知識から自分の専門を見つけることができる
メイクをする女性

1年次で基礎を広く学べる学校

メイクアップアーティストと一言で言っても、活躍できる分野は広いです。そのため、美容専門学校では社会のニーズに応えるためにも美容に関する幅広い知識を学ぶことを目指しています。実際、トータルビューティーを学ぶことは自分自身の進路の幅を広げることに役立つことだったと卒業生の間でも評価されているのです。1年次のカリキュラムで広く美容の基礎知識をマスターすることで、自分はどのような進路に進みたいのか、どのような分野に興味と関心があるのかを知る良い機会になります。美容専門学校は実習が多く、その実習の設備を整えるために授業料は高くなります。しかしながら、奨学金制度が充実していたり、インターンシップをして働きながら専門学校で学ぶことができる制度があるので、それほど費用に関しては心配する必要はないと言えるでしょう。

専門性のスキルを磨く

美容専門学校では、2年制になると専門性とスキルを磨くためのカリキュラムが始まります。1年生のときに一通りの美容に関する知識を学ぶので、その次のステップとして様々なコースが用意されているのです。そこでは、将来どのような道に進みたいかを明確にする段階にあります。あれもこれも欲張りたくなる気持ちもわかりますが、卒業後は第一線での活躍が期待されるので、ヘアメイクやエステ、そしてネイルなどの各コースに分かれて専門性を磨いていくことになるのです。専門性を強化する授業では、実際に仕事をしているプロを招いて指導を受けます。ネイリストや美容師、それにスタイリストを講師として招き、仕事をする上で大切なことやスキルについて講義を受けたり、実習の授業に取り組むのです。

広告募集中